もしもiPhoneが壊れたら

海外旅行中にiPhoneが壊れて帰国後の画面修理を出す前に

海外から帰国後の画面修理を出す前に iPhoneを海外旅行中に壊してしまい、帰国後の画面修理を出す前に、保険に入っていないかを確認しましょう。
自分で海外旅行の保険に加入していない場合でも、クレジットカードを持っていれば、それに海外旅行時の保険が付帯でついていることがあります。
そうすると、iPhoneの画面修理を保険で直すことが可能となります。
そして、こういった保険は申請のための手続きをしなくてはなりません。
その申請の期間は決まっていて、それを過ぎると保険金が出なくなります。
そのため、修理に出す前にまずはクレジットカードの付帯保険について確認しましょう。
そして、付帯保険がついていることが分かったならば、次はクレジットカード会社の専用の連絡先に電話をします。
そこで、申請の手続きのために必要なことを教えてもらうことができます。
申請の際には、壊れた時の状況を知らせる必要がありますし、修理にかかった領収書を取っておく必要があります。
修理を出した後にそれを捨ててしまったら、それを証明することができなくなるため要注意です。
また、壊れた状態を説明するために写真を撮っておく必要もあります。
これも、修理をした後ではなくする前にしておく必要があることです。

帰国後iPhoneの画面修理を日本で出す前に確かめるべき事

帰国後iPhoneの画面修理を日本で出す前に確かめるべき事 帰国後iPhoneの画面修理を行う場合の確認すべきことは、3つあります。
1つ目は、メーカーの保証期間内かを確かめることです。
画面の故障内容によっては、メーカー保証によって無償修理ができる場合もあります。
そのうえ、延長保証に入っている場合は、最長2年間にその期間が延長されます。
この加入状況は、iPhoneのサポートセンターにIMEI番号などを伝えることで加入の有無と保証期間がわかります。
街中では、サードパーティー製の部品で安く修理してくれる業者もありますが、メーカーの補償が上手に利用できれば、さらに安い価格で純正品での修理が可能になるからです。
2つ目が、携帯キャリアの保証に入っているかの確認です。
1つ目の保証とは全く別物ですから、それぞれに問い合わせて聞く必要があります。
料金明細をすぐに確認できる方は、そこにも記載されています。
3つ目が、海外旅行中の怪我や病気などに対応した保険に加入していた方は、携行品に対しても補償を受けることができる場合があります。
ただし、正規店での修理に限定されている場合もあるため、その補償を受けるためにはどのようにしたら良いか画面修理をする前に帰国後すぐに保険会社に確認を取ることがおすすめです。